恵方には福徳神はいない!?鬼も内!?新たな恵方巻きの楽しみ方

シェアする

2017年の恵方は北北西!だがしかし歳神様がいない!?福も鬼も表裏一体!恵方巻き丸かぶりはただただ喉を詰まらせるwこれを知って楽しい節分DAYを過ごそう♪
ノルマで10本なんか買えるかよ!!踊らされる恵方巻き商戦の裏も知ってほしい。

近年激化する恵方巻き商戦!早いとこでクリスマス直後に予約開始するなど必死すぎます!wそもそも恵方巻きってなんぞや?

大体の人はその年の恵方に向けて無言で丸かぶって豆まいてとか柊鰯(鰯の頭を柊の枝にぶっ刺したやつ)を飾ったりとか

とにかく福を呼び込んで邪気(鬼)を払う的なことをするんですが

その裏で福を詰めたい一心で無言で丸かぶり(験担ぎ)詰め込んだせいで喉に福を詰まらせそのまま天に召されるなんて事故もw

「鬼は外、福は内」ってどんだけ日本人は福に執着してんだ?ってところもかなり疑問

邪気を払うために異臭を放つ鰯の頭を玄関先に飾って鬼をとにかく嫌う。それ以前に福も入りたがらないはずw

そもそも鬼の描写はツノが二本に天パ、牙があって鋭い爪があって虎柄の腰巻をつけて金棒を持ってとか現代のオニちゃんを見習ってほしい

ydwv

よくある話で鬼は陰陽道の鬼門である丑寅から鬼、裏鬼門からくる申酉戌with古くから神聖な食べ物で邪気を祓う力がある桃からくる桃太郎

そんなこと調べてるウチに自分の家の玄関が鬼門だと知るw泣 桃の木を飾ろう

とにかくこの桃太郎の話がメジャー過ぎて鬼がとてつもない悪に見える。オニちゃんはとてつもない人気なのに

鬼の扱いは地域によって異なる

例えば鳥取県の一部の町では、鬼が村を守ったとして「強い物」とし崇めていたり青森県の岩木山では鬼の善行に感謝して、鬼を神社の「神」として祀っているなど地方によって鬼は神様的扱いであること

話が脱線しつつあるので戻ります。

鬼も内、福も内で中道を歩む

仏教のお経の一節にはこんなお話が

とある家に、とても品の良い女性が訪ねてきました。
その女性は「私は吉祥天です、福徳を授けに来ました。」
家の主人は喜んで、家の中に招き入れました。
その後にもう一人の品のない醜い女性が入ってこようとしています。
その女性は「私は黒闇天。私の行くところ、必ず災厄がおきる貧乏神です。」
家の主人は、貧乏神を家の中に入れまいと拒みます。すると
「吉祥天はわたしの姉、姉妹はいつも離れたことがない。
わたしを拒むのは姉も拒むことになる。」と主に告げ去ったというお話

この姉妹は表裏一体。
福だけを呼び込もうとすると福すら来ないということですね。

また「黒闇天を丁重に祀れば福の神に変わる」という信仰もあるとか。

なので今年の豆まき、一回ぐらいは「鬼もウチ」とこじらせながら言ってみるのもアリかもです笑

そして恵方に向けて黙々と丸かぶっているアナタ!その方角にはまだ歳神様はいませんよ!

新旧暦で知る節分

ひと昔前の暦では今の立春にあたる2/4が年の始まりで2/3が年の瀬でした。今でいう年末大掃除が豆まきにあたり年越しの夜に蕎麦を食うのが恵方巻きだと思ってもらえれば幸いですw

歳徳神が、その年の恵方にいるのは立春。つまり2/4なのです。

とはいえ子供たちも0時を回って家族揃って丸かぶりは利口ではない。

なので子供達には小ぶりな丸かぶりををごはんどきに食べてもらいお父さんには夜な夜な丸かぶってもらいましょう!お父さん、胃薬も飲んでくださいね。

そして

過剰なまでのこの商戦!至る所で恵方巻きが鬼wのように売られています。スーパーで働く人にはノルマなんてものも、クリスマスケーキや土用の丑と同じく友人、知人に。それすらこと足りず自宅には恵方巻きが10本。。。チーン

スーパーで働くお母さん、今こそ買わないっていうのも一つの手ですよ笑

というわけで七種の具(七福にちなんだ)を巻き込んだ(福をまきこむ)恵方巻き、今年もおんまく各店で販売しております笑笑

ぜひお買い求めを!

スポンサーリンク