事業展開でやっちゃいけない「カレー」名古屋売りって知ってる?

シェアする

現在新事業展開についてコンサルの先生まじえてミーティングを重ねています。

そんな話の中にカレーのCoCo◯番屋の話になり

「名古屋売りは絶対に手を出しちゃいけないよ!」

名古屋売り?なんだそれ?

「名古屋売りには、コ◯ダ珈琲、世界の◯ちゃん、CoCo◯番屋ってあるんだけど、この業態(FC)が成功していること自体定説が覆るんだよ。なんでかな〜?」

確かに

家で食べれるカレーが店舗展開で成功している

手羽先を中心に店舗展開をしていることも不思議

強豪カフェがいる中、ものすごい勢いで成長している

これら3つに共通するのが所在地が愛知であること通称「名古屋売り」ということ

特にカレーは気になる

指標のとれた形で飲食には儲かる業種(FC成功事例)たるものがあります。

その中に焼肉、とんかつ屋があります。※焼肉はなんとなくわかるけどとんかつ屋って思いました汗

とはいえ事業展開が簡単ではありません!そんな中にカレーがふと思い浮かんで疑問を持ちつつ浅い考えで言うとこれがどうもキーでした。

店舗展開における定説でもある家で作れる料理は売れないのが普通、それが売れるから分からないとのことでした。

確かに

強いて言えば家族で食べに来てる人が多いからなお不思議。

にわかにはトッピングや量、辛さ調整ができるとかありますが牛丼チェーンと比べると決して安くはありませんし提供時間も決して早くはありません。

だから売れている理由がわかならないのです。

そんな僕もですがCoCo◯割と足を運んでますw以外と好きなんです。

こういう話をするととても目がギラギラします。経営経済学ってほんと奥が深いなぁ〜って思いました。

以上w

マーケティング マネージャー 西岡 鋭
ただいま吉井食品株式会社でマーケティングマネージャーとして在任。
近年の飲食ツールの在り方やカテゴリーに縛られないマーケティングを日夜勉強中。

現在のマーケティングを越えてWEBとリアルストアの関係性を構築するため前任、統括マネージャーで得た知識と見解をここに役立て精進
これら軸に紹介また個人的な観点から時代に楔をつける内容など枠にとらわれない情報を発信出来たらと思います。

現在多くの方と接するるキッカケや機会を設けていただいたり巡り逢いの大切さや感謝をかんじています。

人から多くのことをを学び新たを知る
そんな思いで繋がりを大事にしています。

スポンサーリンク