7/30(土)土用の丑の日、「うなぎ」食べるなら。ハーフでよし!

シェアする

どうも、すっかり夏の日差しに照りつけられ身も焦がされる日々「夏なんか終わってくれ!」と冬の到来を願う西岡です。

24402

今年も土用の丑の日が近づき、鰻を食べるご予定の方も多くいらっしゃると思います。

ところで土用の丑の日ってなんぞい?って知っている方も多いと思いますが

江戸時代の頃、商人が夏の時期に鰻が売れなく困っていたところを平賀源内(主に発明とかで名を残した人)に相談し生まれた言葉です。

これが売れるキッカケに、そもそも土用?丑の日?なんぞや?

このキャッチコピーは瞬く間に日本全土に広まり定着、当時は冬が旬の鰻が夏の時期の定番になったそうです。

土用の丑の日は簡単に言うならば五行・干支で表す暦で1年に2回あるかないか。なので昨年は2回あって今年はこの7/30だけなのです。

そんな鰻は夏バテにもってこい!食べるならハーフでよし

鰻は以外と高機能栄養食品で特にビタミン系は多い、100gで2日分も補ちゃうものもあります。皮目にはコラーゲンもあって女性にも嬉しいことも!

24400

そんな鰻はやはり高い!

子供に食べさせたくないネタ上位でもある鰻w、やっぱり家計に大きな負担がかかりますよね。そして我々も安く提供することが年々難しくなってきました、原材料の高騰ですね!この際ですが希少なものはそれなりの値段で販売しても良いのではと?考えています。

お客さんにとって嬉しいことはお店にとって辛いことでもあるのでそのバランスをどう保てるかも大事ですね!

話が逸れましたが鰻は淡水魚で産卵は海でないとダメ!お前は鮭かよwと思う他、夜行性で暑いの苦手で湿ったところを好む、警戒心が強くストレスで死にやすい、協調性ゼロの群れをなさないなど鰻漁は大変!天然物はどれだけ希少かはお分かり頂けると思います。

そんなこともあって養殖はとても難しく発展途上なのです。

そんな鰻、食べるならまるまる一匹を重箱に入れて食べたいと思いますが前述にあったように食べても栄養だだ漏れ笑、食べるならハーフサイズで良いのです!強いて言えばちょと多いぐらいです。

そして、おんまく寿司各店でもこの日は積極的に販売します♪松山店では恒例の鰻蒲焼きの実演販売などしておりますのでどうぞお楽しみください。

スポンサーリンク