井上部長、寿司を握る!inベトナム

シェアする

先日、海外実習生の選考にベトナムに行った際、市街地にある寿司店でお食事した時の出来事です。

つい最近ですね、わたくし企画広報として同行した時にお寿司のことなんか伝えれんですかねーってブログのネタを探していましたが神様が舞い降りてきたんです笑

この日はベトナム出張最終日、現地スタッフが経営する寿司店にお邪魔した時の出来事です。

23004 23005 23007

寿司屋でのお食事、道中の出来事や3日間の活動を振り返りましたが皆さんどうやら現地と日本のお寿司はどうなの?ってやはり気になるみたいで色々聞かれました。

で、初日の会食の時にも色々聞かれまして「西岡さんはお寿司握れるんですか?」って皆さん聞いてくるものなので「はい!握れますよ!」と答えました。部長はやたら冷たい視線を送ってくるので見ないようにしてましたw

そんなこんなで最終日は寿司屋に行くのでそこで握っちゃってくださいと言われたので冗談と思いきや

本当でした!

言われました。握ってと汗

わたくし、もとの本職はサービススタッフなので基本はフロアが主なので時折握る程度、それを軽々しく握れますと言ったものだからこの結末。

なんとか回避せねば

「握れますが会社の代表として皆さん、ましてや現地職人の方がいる中で腕を振る舞うなどただただ会社に泥を塗るわけで背負うには大変けしからんです!なのでここは部長!一つお願いします」

回避しました!

同時に部長を立てることに成功、大変冷ややかな目線を頂戴しましたがなんだかんだ職人の血が騒いでたのでしょう!終始お寿司の話には熱く語っていましたので腕をまくる準備はしていました、はいw

23009 23013

そんなこんなで厨房に入ればネタ切りから披露、説明を入れつつ同時に通訳さんが間に入りつつ握り手や形、返し方など細かく説明しました。現地の方にはおこがましいことしちゃいましたが写真の通り真剣に見ていただき嬉しかったです、最後は握りのポーズでパッシャっと

とても貴重な体験をさせていただきました。

23014

会社初の海外出張は国際交流と食文化に多大な影響と成長をもたらしてくれました。海外店舗もありえるぞ!そんな最終日の寿司店での出来事でした!

マーケティング マネージャー 西岡 鋭
ただいま吉井食品株式会社でマーケティングマネージャーとして在任。
近年の飲食ツールの在り方やカテゴリーに縛られないマーケティングを日夜勉強中。

現在のマーケティングを越えてWEBとリアルストアの関係性を構築するため前任、統括マネージャーで得た知識と見解をここに役立て精進
これら軸に紹介また個人的な観点から時代に楔をつける内容など枠にとらわれない情報を発信出来たらと思います。

現在多くの方と接するるキッカケや機会を設けていただいたり巡り逢いの大切さや感謝をかんじています。

人から多くのことをを学び新たを知る
そんな思いで繋がりを大事にしています。

スポンサーリンク